漢方専門まごころ漢方薬店

漢方を飲む期間は人それぞれ(蕁麻疹の人の場合)

ご相談に来られてよく質問されることがあります。
「漢方は、どれくらい飲まないと治らないですか?」

基本的に漢方で症状がよくなる期間は、患った期間に比例すると言います。

でも、経験から、それだけではなく、病のこじれ方にも大きく影響すると思っています。
また、持っている体質が原因となっている場合は時間がかかる場合があります。

子供さんは、年齢が若ければそれだけ患った期間が短いってことにつながるので、大人よりはかなり短い期間でよくなります。

例えば、同じ病態で人によって治る期間が違うという、とってもわかりやすいお話があります。

ご夫婦でご相談に来られた方で、どちらも悩んでおられる症状は蕁麻疹。

大きく違うのは患った期間です。

ご主人は3ヶ月前から生まれて初めて蕁麻疹になってしまった。とのこと。毎晩、お風呂上がりには全身がかゆくてたまらないので、なんとか治したい。とお悩みでした。

奥様は、子供の頃から受験勉強などストレスがかかったり、無理をした時に蕁麻疹が出ることがあり、最近もお仕事が大変で蕁麻疹がひどくなってきたとのこと。

お二人同時にそれぞれの漢方を飲んでいただいたところ、ご主人は始めの1ヶ月目で、ほぼ症状がなくなりましたが、再発防止のためそのまま飲んでいただきました。結果、ちょうど患った期間と同じ3ヶ月目には、全く蕁麻疹の症状がなくなりました。

一方で、奥様はよくなったり、悪くなったりとご主人のようにすんなりとはいきません。
やはり、子供の頃からの体質も関係しているので、時間がかかってしまいました。

ご家族で来られていましたが、4ヶ月目からは奥様だけのご相談になり、その都度、症状に漢方薬を合わせていくとだんだんとよくなっていき、7ヶ月で蕁麻疹の症状はほとんどなくなりました。

漢方の治し方は、ネックレスのチェーンの絡まりをほどく感覚と似ています。
新しく、ただ単にチェーンが絡まっているだけなら、その絡まっている部分をほどけばすぐに治ります。

複雑に絡まりあっていれば、何回もその絡まりを順番にほどいていかなければなりません。病も同じです。症状が複雑であるということはチェーンが幾重にも絡まりあって、ほどけづらい状態なんです。

また、長く患っている状態は、チェーンが古くなり錆びたりもしている状態だと思ってください。そういった場合は、チェーンを磨いたり、埃などの汚れをとったりしないと、ほどきにくいですよね。

時には絡まっているところがスムーズにほどけるように身体の基本を元気にするための漢方薬から始めて、段階的に治していくことも必要になります。

こんな風に治す順番が、人によって違うので期間もそれぞれということになります。

例にあったご夫婦のように、同じ病であっても治るまでの期間はこんなに違うんですね。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事