漢方専門まごころ漢方薬店

漢方にも副作用があるの?

副作用について詳しく知ろう!

漢方薬にも新薬にも効能効果があり、同時に副作用があります。
新薬の場合、製薬としてできあがるまでにいろいろな臨床検査を経て、厚生労働省に認可され、はじめて薬として処方されます。
認可されるまでの臨床検査の過程では、ラットや人間で実験を行い、「薬効薬理」、「効能効果」、そして、どんな「副作用」があるかをはっきりさせます。
曖昧な部分があった場合や効能効果がなく副作用しかない場合などは、薬として認可されません。
一般的にいわれている副作用というのは、こういった実験でわかった新薬の反作用のことを指しています。

なぜ西洋医学と同じ副作用??

漢方薬は、2千年前から存在しています。
当然ですが、当時は今の新薬のような臨床検査などは存在しません。
日本では、厚生労働省が、医薬品全般を管轄し西洋医学を基準に漢方薬を医薬品に指定しているため、漢方薬も西洋医学と同じルールで副作用が設定されています。
しかし、これは漢方本来の東洋医学の理論から考えると非常におかしな理論です。
なぜなら、新薬とおなじような臨床検査などを経て漢方薬が製造されるわけではないので、西洋医学的に記されている副作用は、漢方理論とは関係のない副作用情報になるからです。

漢方薬の副作用は全く別の考え方

漢方薬にも副作用的な問題があります。
ただし漢方の場合は、悪い症状が出たからといって「即、副作用」とはなりません。
以下の3つのパターンにわかれます。

  1. 今まで止まっていた自然治癒力が動き出して一時悪く感じるかのような症状がでてきている。
  2. 瞑眩とよばれるもので、一度、症状が悪くなるが、その後、すぐによくなっていく。
  3. 体質とあわずに漢方薬の反作用のようなものが出ている。

病気より怖い漢方の誤治と壊病

漢方薬は、体質とあっていなければ副作用的な症状をおこします。
こういった副作用的状態を漢方では誤った治療として 「誤治」 といいます。
ただし、新薬と違うのは、誰が飲んでも同じ副作用を起こすわけではなく、あなたの体質に関しては副作用的だったということです。

漢方薬の副作用かどうかを調べる方法

新薬は、体質によって薬の使いかたを変えることはありません。
鎮痛剤は、大きな身体の体力のある男性であろうが、華奢で体力のない女性であろうが、体重に対して分量が変わるだけで、処方するお薬の種類を変えることがありません。
ここが、漢方との大きな違い。