漢方専門まごころ漢方薬店

あなたの知らない本当の体質

漢方薬の前に自分の体質を知る

まごころ漢方では、病名で漢方薬は選びません。
なぜなら病名や症候は、あなたの体質ではないからです。
糖尿病というのは、大きな大まかな身体の状態をあらわしているだけです。
西洋医学の治療上、そう呼んでいるだけです。
糖尿病の人でも高血圧もあったり、頭痛があったり、またなかったり、年齢が若かったり、年配の方だったり、体格がよい男性だったり、華奢な女性だったり、いろんな方がいらっしゃいます。
そんないろいろな人をおおまかに糖尿病として漢方薬を選んでも何の意味もありません。
せっかく、漢方薬には、それぞれの体質ごとに500種類以上の薬が用意されていて、そを選んでいく素晴らしい方法がありますので、それに基づいて選んでいくのがよいと考えています。
病院で診断された病名や検査数値が漢方にとって意味がないわけではありません。
それはそれで、漢方にはわからない化学的なデータとして参考にはなります。
しかし、漢方薬自体は、西洋医学の病名や検査数値をもとに選ぶわけではないので、そのデータをもとに直接、漢方薬が選べるわけではありません。
西洋医学のよい部分は生かしつつ、漢方の理論にのっとって、あなた独自の体質を判断し、最適な漢方薬をお選びしたいと思います。
また、漢方薬を病名で選ばないということは、病気の診断がなくても、漢方薬は選ぶことができるということです。

病名の診断がなくても体質はわかります

当店にはこんな質問がよくあります。
「病院には行ってないのですが漢方薬は飲めますか?」
はい、大丈夫です。
漢方薬は、病名をもとに選ぶわけではないので、症状や現在の状態をしっかりとお聞かせいただければ、体質判断できます。
ただし、状態や場合によっては、検査は病院でされたほうがよいかもしれません。
外からの観察だけではわからないことが検査ではわかります。
何も異常がないということがわかれば、その事も漢方での治療に役立ちます。
知っているようで知らないあなたの体質・・・
まずはそれを知ることからはじめましょう。