漢方専門まごころ漢方薬店

おねしょも漢方薬で!

おねしょは5・6歳までは特に問題視せずに焦ることはないと思いますが、小学生になっても全く、おねしょのなくなる気配がない場合は、少し親としては心配になってきますよね。

=おねしょを改善するポイント=

  1. 寝る前の水分を控える。
  1. 起きる時間、寝る時間などの生活リズムを出来るだけ同じにする。
  1. 体が冷えている場合は、靴下、腹巻き等で暖かくする工夫を。
  1. 夜は起こさないこと、ぐっすり眠れる環境を。

普段の食事で、味の濃いものを食べたりすると喉が乾き、水分をたくさんとりたくなってしまいますので、味は薄めにして、外食を控えることも大切です。

また、晩ご飯の後にデザートとして果物を食べるという習慣があれば、午前中もしくは、遅くともおやつの時間までに食べるようにした方がいいでしょう。

果物は水分を多く含みますし、漢方的にみても体を冷やす性質をもっています。

これでも、なかなか改善が見られないとなると、お母さんとしては病院で治療しないといけないかも?と思われるでしょう。

腎臓や膀胱などの臓器の問題でうまく排尿できない場合でもおねしょをしますので、その際は病院での治療が必要となります。昼間もおしっこでのトラブルがあったり、頻尿であるという場合はその可能性があるかもしれません。

じゃあ、特に原因がわからないときの病院での治療薬というと、

❶三環系抗鬱うつ薬

❷副交感神経遮断薬

❸抗利尿ホルモン薬

になります。

❶と❷は、字を見たままです。うつ病のお薬です。

「えっ、うつのお薬じゃないの!?」

親としての感覚でいったら、小学生にうつ病の薬を飲ませる気にはなりませんよね。

❸は、抗利尿ということですのでおしっこが出ないように止めるお薬です。

効果は一番ということですが、飲むのをやめると再発することが多いお薬です。

旅行や合宿などのお泊りの時だけにスポット的に使うのがいいかと思いますが、やめたら再発するというお薬なら、根本的なおねしょの治療にはならないのではないかと思います。

❶の薬の副作用として、食欲不振、嘔吐、不眠などとなっています。

❷の薬は、口渇、目が乾く、排尿困難などです。

不眠や排尿困難なんていう症状が、お薬を飲んで出た場合は、おねしょトラブルは更に悪化するのではないでしょうか?

漢方薬では、副作用が起こった場合はそれを体の反応と見て、違うお薬に変法します。

おねしょを根本的になおすのなら、副作用が出たら、また振り出しに戻ってしまうお薬より漢方薬の方が適しているのではないかな。と私は母親のひとりとして思います。

また、おねしょは治療薬だけではなかなかということもあります。

おねしょは、子どもの心の問題であることも考えられます。

この場合、親と子の関わりの問題で、おねしょがひどくなっていることがあります。

そういったことも漢方を通じてお話できれば、より漢方薬との相乗効果も得られると思います。

●子供のおねしょ、夜尿症などでお悩みの方は、こちらの 「漢方無料相談する」 から送信してください。

●お問い合わせは、こちら から送信してください。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事