漢方専門まごころ漢方薬店

もしかしたらアトピー?!

『あれっ!!これってもしかしてアトピーになりかけてる?』

赤ちゃんの時も、離乳食の時も特に何もなかったのに、最近、お肌にトラブルが…

とお子さんの様子に気になるところはありませんか。

特に、膝や肘の裏で曲げ伸ばしをするところが、赤くなって、その部分がかゆくなり、何度も搔いたりしていませんか?

赤ちゃんの頃は、何もお肌トラブルがなかった子供さんでも、幼稚園などに通い出す頃に、出てくる場合が多いです。

そういった場合は、放っておくと患部が広がっていって、アトピー性皮膚炎になりかねません。

すぐにお肌ケアをしてあげてください。

食べ物や環境が原因ではなく、乾燥からくる肌トラブルなら、うちでご相談いただいた方は、比較的早く元に戻ります。

そうすれば、その後、こじれずにトラブルが起こりにくくなります。

ご近所のお子さんなんかは、乾燥してお肌の状態が赤くなり始めの時に相談してくださるので、簡単なお肌ケアでトラブルにならずに治りました。

食べ物や環境(ペットを飼ったりなど)が原因で肌トラブルになった場合でも、早めのケアであれば、原因を取り除くことで、アトピーにならずに済むこともあります。

大切なのは、原因を明確にすることと早めのお肌ケアだと思います。

もし、体質的に元々アレルギーであれば、漢方で体の中から改善していけます。

子供の時に体質改善をしていれば、大人になってからのトラブルの度合いも小さくなるでしょうし、もしトラブルになったとしても重症化しにくいと思われます。

アトピー性皮膚炎でご相談に来られる方は、幼少期からずっとステロイド剤を使用してこられた方も多いので、大人になってからの治療はどうしても長くなってしまいます。

もし、まだ子供さんが小さいのなら、できるだけ早く、ステロイド剤なしでも大丈夫な状態にしてあげてほしいと思います。

アトピー性皮膚炎も、治療開始が早ければ早い程、治療期間も早くなります。

とにかく、お子さんが大人になって悩み続けることのないように、子供のうちになんとか治癒できる、お手伝いができればと思っています。

体験談、(アトピー性皮膚炎)

●子供のアトピーなどでお悩みの方は、こちらの 「漢方無料相談する」 から送信してください。

●お問い合わせは、こちら から送信してください。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事