漢方専門まごころ漢方薬店

症状漢方をご存じですか?

あなたにあった漢方薬とは?

漢方薬は、体質にあっているかどうかが重要です。
漢方では、適応症状といいます。
あなたには、どんな漢方薬があうのかを探す作業が漢方医の仕事です。
漢方の勉強をはじめた時、最初から漢方理論の事は、理解できないことが多いので、病名漢方からはじめることが多いです。
病名漢方とは、診断した病名にあわせて漢方薬を選ぶ方法です。
病名漢方で漢方薬を選んでいると、やがて病名はその人の体質をあらわしていないことに気づきます。
病名は、体質をあらわしているのではなく、その人の状態をおおまかにあらしているだけだと。
例えば、高血圧の方も女性で痩型で手足が冷える高血圧の方もいらっしゃいますし、男性で肥満型、手足がほてる高血圧の方がいらっしゃいます。
体質は正反対ですが、病名は同じ『高血圧』
詳しくは、==病名漢方とは==
ただ悲しいことに西洋医学の理論しか理解していなければ、体質という考え方自体が理解できないので、病名漢方から抜け出せません。
そして、病名漢方は体質をあらわしていないことに気づくと、今度は普段の症状が体質をあらわしていると考えるのです。(私もかつてそうでした)
ところが、残念なことに症状がその人の体質全てをあらわしているわけではないのです。
病名漢方も漢方薬を選んでいく上で、いろいろな問題がありますが、症状だけをあてはめていく方法もいくつもの問題があります。

症状だけで選ぶ漢方薬の弱点

漢方薬には、そのお薬があう症状の条件というものがあります。
頭痛があり、肩コリがあって、悪寒、発熱があれば、葛根湯があう体質です。
症状だけでなく、他にもいろいろと条件があるのですが、その条件がぴったりとあう体質を正証といいます。
ここで問題なのが、実際には、正証は滅多にいないことです。
症状がいくつか欠けたり、逆に葛根湯にはない症状があったりします。
例えば「ある程度、症状があっているから葛根湯でいいか」と考えるとしましょう。
しかし、葛根湯によく似た他の漢方薬を見渡してみると実は、葛根湯のような適応症状の漢方薬はたくさんあります。
桂枝湯や麻黄湯も悪寒、発熱、頭痛、肩コリが適応症状なのです。
葛根湯しか知らなければ、患者さんに症状を聞いた時にその症状があてはまっていけば、『あっている漢方薬を探せた!』と勘違いするのですが、他の似たような漢方薬を知っていれば、症状だけでは、どれを選べばよいのかわからなくなります。
不妊症や月経不順によく使われる漢方薬も1,2つしか知らなければ、その漢方薬の適応症状をみて、あてはめていけますが、これらに使う25種類くらいの漢方薬は、すべて、適応症状に月経不順や頭痛、肩コリ、手足の冷えがあるので、症状だけであてはめた場合、25種類すべてが自分にあう漢方薬になります。
25種類全部の漢方薬を飲むわけにはいきません。

人それぞれ違う症状

漢方の本や漢方薬の処方箋に書いてある症状を文面でみている分には、不思議には思わないのですが、冷静に自分の症状をよく考えてイメージしてみてください。
当帰芍薬散には、手足の冷えのある者と書いてありますが年中、手足が冷えていることを言ってるのか、たまに冬だけ冷えることを言ってるのか、外に出た時だけ冷えることを言ってるのか、文面だけではわかりませんね。
つまり、この症状は、生きた実践的な情報ではないのです。
漢方の本にもそこまでは書いてません。適応症状というのは、あくまで、体質を総合的に判断するための一部の情報にしかすぎないのです。

症状が示しているのは、身体の中の状態

漢方薬は、症状をあてはめるだけでは最適なものを選べません。
症状が示しているのは、身体の中のサインなのです。
そのサインをいろいろと組みあわせたり、どんな状況のときに症状がでてくるか、場面を考えたりして、総合的に体質を分析するのです。
漢方の本にも初心者用に病名だけで漢方薬を選んだり、症状だけで漢方薬を選ぶようにできる方法が書いてあるものがあります。
中級あたりになってくれば、症状などに漢方独特の診断の方法をとりいれて、体質を判断し漢方薬を選ぶ方法が書いてあります。
上級になってくるといろいろな過去に治った例が書いてあり、それを読んで参考にしたり、大昔に書かれた古典から漢方薬の原点を考えて、処方したりとだんだんと症状をあてはめるだけというところから高度に発展していきます。

複数になりがちな症状漢方

症状をあてはめて漢方薬を考えていると、だんだん1つの症状ごとに1つの漢方薬が必要だと考えるようになります。
本来、1つの症状だけでは、体質は決められないのですが、西洋医学の処方のように頭痛には、頭痛の漢方薬、冷えには温める漢方薬と足し算のように組みあせていきます。
西洋医学の発想は、「眠れない」と訴えれば、睡眠導入剤、「頭痛を感じることがある」と訴えれば鎮痛剤、「胃がもたれる」と訴えれば胃腸薬と、訴えれば訴えるほど、処方薬が増えていきます。
症状だけで漢方薬をみていくと東洋医学なのに西洋医学と同じ発想で漢方薬を処方してしまうのです。
当然、東洋医学の漢方薬を西洋医学の理屈で処方してもうまくいくわけがないと思います。
なぜなら、それは体質をみていないからです。