漢方専門まごころ漢方薬店

ダイエットを始める前の心構え!

暑くなって来ましたね。

昨日は、今年一番の気温を記録したとか!

夏が近づくとやはり気になるのは、体についてしまってなかなか落ちない贅肉ではないでしょうか?

私も以前、ブログで書いたように目標体重まで落とすことができました。
その後もなんとか体重を増やさずにキープしています。
欲を言えば、夏までにあと2kgほどダイエットしたいと思っています。

これは、私にとってかなりのチャレンジです。今の体重をキープするのも結構大変だからです。
今は体重が増えないように、食べる前には体重計にのって食べる量を調整しています。

ダイエットをしたのはいいけれど、急激な減量は必ずやすぐに元に戻ってしまいませんか?
そこで、思うのですが、自己チェックをして確実にダイエットしていく方法をひとつずつ身につけていくと、最終的には前より太ることは、ほぼなくなるんじゃないでしょうか。

まずは、太る原因を見つけることから、ダイエットを始めてほしいと思います。
でないと、せっかく頑張ってダイエットしたのに、それまでの努力が水の泡となっては悲しいですよね。

ダイエットをするためには、誰でも食べなければ痩せるということはわかっています。
でも、その食べないというのが辛く、長続きしないのです。

最も高いハードルから出来る方は問題ないのですが、私なんかも頭でわかっているのになかなか実行できません。なんか、イライラすると食べたくなります。

食べたい感情を抑えるのが大変で、食べないようにするとよけいにイライラしてきます。また、おいしいものや大好きなものを目の前にすると我慢せずにはいられません。忙しいと、つい早食いになってしまいます。

ダイエットを成功させるためには、まずは出来ることから始めていただきたいので、できそうなことをリストアップしてみました。

1. 自分が毎日、何をどれだけ食べたのかを把握する!
⇒普段の量がわかっていなければ、何をどれくらい減らせばいいのかがわからなくなるからです。知るということが1番大切なこと!何を食べたかわからない。ということは、食べる前に何も意識をしていないということかもしれません!
もし、毎日出されたものを無意識に食べているという方は、何をどれだけ食べたかを思い返すようにしてください。

2. ファーストフードやインスタント食品をよく食べる場合は、週何回だけ。と決めてみる!
⇒もし、毎日食べるという方は、一日でもいいのでそれ以外のものに置き換えてみてください。できそうなら、ご褒美的にインスタント食品を週1回のお楽しみとして食べてもよしとします。もっとできたら、1ヶ月に1回と良くない意識を育ててみてください。
だんだん、食べるのがイヤになりますよ。

3. 毎日体重を計りやすく、鏡で全身をチェックできる環境を作る。
⇒この行為が面倒だと意識が持続しにくいので、毎日気軽に体重計にのり、全身を
チェックできるようにしておくことが大事!

4. 食べ放題は、絶対に行かない!
⇒もし、ダイエットを決意したのなら、誰かに誘われたとしてもキッパリ断りましょう。
行ってしまうと意識が元に戻りません。旅の途中の朝食バイキングなんかも要注意!普段と同じくらいの量をとってそれ以上のおかわりはやめましょう。周りの方を見渡すとみんなてんこ盛りですが、その中でも少ない量しか取らない方を見つけてみましょう。食べたい気持ちが抑えられますよ!

5. 上の1〜4が一ヶ月間毎日できたら、体質の改善をおすすめします。
⇒体質は自分での改善は難しいので、こちらは漢方で!
便秘気味、血や水の巡りと代謝の改善、気の鬱血等、体質に合わせていきます。

6. 自分の生活パターンに合わせて、より細かな制限を出来ることからやっていく!
⇒大事なことは、ひとつずつ確実に出来ることから実行していくということです。

私の場合は、

  • 日々のおやつ(間食)をやめて、どうしてもお腹が減って辛い時には、少しだけ、太りにくいものを選んで食べました。
  • 例えば、アーモンドや、あまり甘くないダークチョコレートなどです。

    • 朝ご飯は、パンやご飯などの炭水化物抜きにして、果物と野菜中心して、晩ご飯のお茶碗を子供用くらいの小さいものにしました。

    運動を取り入れていくのもいいと思いますが、私のように普段からあまり運動をしない方は、ダイエット中だからと頑張って運動を始めても絶対に続かないと思います。運動は徐々に、ご自分の体の調子を見ながら少しずつ日常的にできるようにしていくほうが後々、ダイエットの効果も高くなると私自身の経験から思います。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事