漢方専門まごころ漢方薬店

私がおすすめする身近なスーパーフード

近くのどこにでもあるスーパーで手に入るもので、体調管理ができたらいいですよね。

毎日の体調を整えると、病気で休むこともなく、やりたいことができて、もしかしたら、長生きできるかもしれません!

体調管理で重要なのは、大きく3つです。

1 自分に合ったきちんとした食事を楽しくすること。
2 睡眠が問題なく取れること。
3 毎日、快便であること。

特に、食事の工夫で改善できるのが3番です。

今回、ダイエットをしてみて改めて実感できたのでご紹介したいと思います。

世間でいうスーパーフードの条件は、「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」だそうです。
スピルリナ、アサイー、カカオ、ココナッツ、チアシード、クコの実(ゴジベリー)、麻の実(ヘンプ)など。

でも、こんなのはどこにでも売ってるわけではないし、日本じゃ、食べることに抵抗感を覚えてしまって、なかなか手が出しづらいですよね。

私が、おすすめするスーパーフードは誰でも手に入れやすく、気軽に食べられる物の中から選んでみました!

私がおすすめするスーパーフード

どれも栄養豊富であり、皮を包丁で剥かないでも食べれるところが、私の最大のおすすめするポイントです。

(バナナ)
ご存知の通り、ダイエットにもとってもいいですね。

たくさん食べることさえしなければ本当によい食べ物だと思います。

便も毎日、スッキリ出ますよね!

私のおすすめは色が、黄色になってしまう前の出来るだけ緑色になっているものを選んで買います。

ちょっと固めのバナナの方が美味しく感じるのです。

トロッとした方がお好きな方は完熟バナナがおすすめです。

免疫力を高める作用もありますので疲労回復にもなります。

(ブロッコリー)
生では食べない野菜ですが、短時間でゆでて食べても美味しいですよね。蒸したり、焼いたりも簡単です。

どんな料理にもだいたい合いますよ。味もくせがない野菜なので、量もたくさん食べることができます。

生活習慣病と言われる糖尿病や、高血圧の予防効果がある栄養豊富な万能野菜です。

(イチゴ)
甘い果物なのに、ビタミンCが豊富なところがありがたいと思います。

少しくらい食べ過ぎても胃にもそんなに負担にならないところがいいですね。

抵抗力を高めてくれて、美肌にも。風邪や老化防止にもなるわたしの一押しスーパーフードです。

(リンゴ)
昔から、『一日1個の林檎は医者いらず』と言われるほど、万能の果物です。

皮には、ペクチンが多く含まれていて、腸内の善玉菌のえさになり、悪玉菌を抑制して整腸作用を発揮してくれます。

リンゴは、長持ちしますので常備しやすいので、バナナやイチゴが手に入らない日などに食べるようにしてはいかがでしょうか。

(キャベツ)
一玉買えば長くもつところがおすすめです。

年中手に入りますし、胃炎や潰瘍の改善に効果がありますので、毎日食べることによって、整腸作用が期待できます。ビタミン・カルシウムが豊富な上に、煮込み料理はもちろん、どんな調理方法もしやすいのが嬉しいですね。

今までは、あまり野菜や果物を食べなかったという方は、是非、これらの食べ物を朝・昼・晩のそれぞれの食事で少し多めに摂るようにしてみてください。

きっと、体調がよくなることを実感していただけると思います。

効果が高いことよりも続けることとタイミングが重要

食べ物やビタミン、サプリメントなどなど、皆さん、有効成分というものが重要だと思いがちですが、本当に重要なのは、必要なタイミングで、必要なものを摂ること。

それと、そういった方法を続けることです。

日本では、健康に関することは、流行色が強いので、次々にいわゆる「体に良い成分」が登場して、消えていきます。

なるべく、手間がかからず、食べるタイミングもわかりやすいもので、続けることも良いものを食べるのと同じ位、重要だと思います。

●胃炎、胃潰瘍などでお悩みの方は、こちらの 「漢方無料相談する」 から送信してください。

●お問い合わせは、こちら から送信してください。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事