漢方専門まごころ漢方薬店

妊娠するパーセンテージとは?

「結婚すれば、誰でもすぐに妊娠するのでは?」と思っていませんか。

実は、わたしもそう思ってました。

実際には、妊娠する確率は20代の健康な男女のカップルで25%程度です。

1ヶ月の中で排卵日は、たった1日なので、もちろんチャンスも一回だけです。

動物としては、最も生殖率が低いのが私たち。

そう考えると、不妊治療を始めたからといって、すぐに妊娠を…と思ってしまいがちですが、少なくとも体調が整ってからでないと、健康な男女という条件下に入らないのです。

ですから、数ヶ月、経って妊娠できなくてもおかしくはないのです。

例えば、

「こんなに基礎体温もきれいになってきたのに…」

「同じ時期に不妊治療を始めた人はもう、妊娠したって聞いたのに…」

と、いろんな事が、頭をよぎってあせってしまいますが、妊娠の確率は毎回25%という、半々にも満たない確率であることを忘れないでくださいね。

決して、あせらない、あせらない…

あせって、あわてて落ち込んだりすることの方がもったいないです。

「なんで、私だけって。」って自分をせめないでほしいです。

いろいろ考えすぎてしまうと、疲れてしまって治療をやめてしまいたくなります。

それだけは、一番もったいないことだと私は思います。

少しずつでも自分の周りの環境を変えていって、一歩一歩前に進んでいけば、願いは叶うと私は思います。

どうしても辛くて進めないって時は、ほんの少しだけお休みしてまた、ゆっくりと進んでいくっていうのは、アリかもしれませんね。(⌒-⌒)

漢方の場合は、階段を一段一段のぼるように、体調を順番に整えていきます。

それを途中で何ヶ月もお休みしてしまうと、せっかく今まで積み上げてきたものが無駄になってしまいます。

ですから、どうしても辛い時もあるかもしれませんが、そういった時こそ、あまりあれこれ考えずにゆったりとした気分で続けていってほしいと思います。

ご相談に来られる方は、みなさん一歩一歩着実に前進されています。

そして、大切なことは妊娠がゴールではなく、元気な赤ちゃんを腕に抱く日まで、いろいろ思い悩んだ事を忘れないで、頑張ってもらいたいと思います。

このお店で、「赤ちゃんが欲しい!」と思って頑張っていらっしゃる方にたくさんお会いして確信したことです。

『お二人の願いはきっと叶う』と。

私は信じています。

●不妊症でお悩みの方は、こちらの 「漢方無料相談する」 から送信してください。

●お問い合わせは、こちら から送信してください。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事