漢方専門まごころ漢方薬店

漢方はなぜ説明してくれない

その漢方薬を選んだ理由はなんですか?

漢方医の中では、体質を漢方的に分析しないで、簡単に漢方薬を処方することを「病名漢方」とか「症状漢方」と呼んでいます。
日本漢方の理論では方証相対といって使用する漢方薬自体が体質を表していると考えています。
ここでは詳しくは述べませんが、本来の漢方では、当帰芍薬散を処方したということは、当帰芍薬散があう体質だと判断したということになるのです。

漢方理論を知っていても表現が難しい

『なぜ、あなたにこの漢方薬を選んだか?』
実は、漢方の理論を理解していても説明は難しいです。
なぜなら、漢方薬のことを理解しようと思ったら、漢方理論のことを知らないと何のことだかわからないからです。

ごく一部のサイトを覗いてネットに書いてある漢方や漢方薬の説明は一般的なことに触れているだけで、理論的なことについてはあまり書かれていません。
詳しく説明されているものは非常に少ないです。
中には、専門的なサイトですら、どこかの漢方専門の本をまる写ししただけの場合もあります。
漢方薬の説明を求める時も、ほとんどの人は、無意識に西洋医学的な理論に基づいた説明を求めています。
なぜなら西洋医学ならなんとなくなじみがあり、知っている知識もあるからです。

末梢の血管の流れがよくなるのか?

◆ホルモンの数値が上がるのか?
漢方は西洋医学と違い漢方理論に基づいているので、本来は、そういった説明ができません。
通常、みなさんに漢方の説明を理解していただこうと思ったら、無理やり西洋医学的にこじつけて説明せざるをえないのです。

納得いくまで説明し、どんな質問でも受付!

だからといって漢方が全く理解できない医学ではありません。
当店では、漢方の知識がなくとも納得できるわかりやすい説明を心がけています。
漢方は自然の法則にのっとって自然治癒力を高めていくものなので、西洋医学的にこじつけないでも本当は誰にでも理解できるものです。

ただし、専門的な漢方をわかりやすく説明しようと思ったら説明する先生が、自分なりに漢方をしっかりと理解しておかないと不可能です。
本人が実感的に体感的にわかっていなければ、わかりやすく説明できるわけがありません。
よくわからない漢方の治療にとりくむわけですから、なんでも質問してください。
漢方に関することならどんな質問でもお受けいたします。