漢方専門まごころ漢方薬店

漢方と西洋の治療方法の違い

西洋医学の診断方法・漢方の体質判断方法

漢方専門でない病院などで漢方薬を処方してもらっていると漢方薬を処方してもらう診断も新薬を処方してもらう診断も同じように感じますが、実は漢方と西洋医学は治療の方法が違います。
西洋医学は、はじめに病気の原因を探します。
問診からはじまりますが、漢方とは違い、いろいろな症状を細かく聞いて一人一人の体質を分析するわけではありません。現在の状態を客観的に把握するための問診です。
問診で現在の状態を聞くことができれば、次に血液検査や、レントゲン、胃カメラ、心電図など問診や外から身体をみただけではわからない部分を検査し、身体の中の状態を調べます。
検査に異常があれば、それに基づいて病名を診断します。
ある病気は、どんな原因でおこるのか、どんな検査異常を示すのか、どんなお薬を使って治療するのかが、ガイドライン(一定の基準を定義したマニュアル的なもの)である程度決まっています。
それに基づいて新薬を処方したり、点滴を施したりといった治療をします。

西洋医学が考える病気の原因は身体の中の様子

西洋医学が考える病気の原因というのは、病気や症状を起こしている根本的な原因のことをさしているのではありません。
その人が感じている症状に対して、身体の中では、どんなメカニズムになっているか、その身体の中の状態の説明を「原因」とよんでいます。
例えば、頭が痛いと感じている人の原因を調べるためにMRIで検査します。
検査した結果、脳に細かな血液循環がよくない状態がわかりました。そして、頭痛の原因は、脳内の血液循環がよくなかったということになります。
しかし、それは身体の中を機械でみた様子を医学的に説明しているだけで、原因ではなく、身体の中の様子です。
本質的な原因というのは更に詳しく進めて、『なぜ脳内の血液循環が悪くなったか?』ということを調べなければいけません。
◎長年の運動不足で全身の血の巡りが悪くなってきていたこと。
◎パソコンを1日中、しなければいけない仕事をしていたこと。
などなど

慢性病の場合、本質的な原因というのは、複数考えられ、様々な原因が重なっていると考えられます。
またその原因は人それぞれでしょう。
感染症などのウィルスや菌、外科的な怪我などの影響が原因となっている場合は、原因が明らかですが、それ以外では、人それぞれの体質の違いや生活環境の違いが大きく影響し原因は、はっきりとわからないこともあるのです。
また検査異常などが全くない場合は、例え、いろいろな症状があっても、問題がないとされ、その場合は、対処的にお薬を処方します。これを対処療法とよびます。
対処療法とは、現在の症状そのものを抑制する方法です。新薬の効能効果がある時間は症状が抑えられ、効能効果がきれると再び症状があらわれます。
その場を新薬でしのぐだけなので、対処療法とよびます。
(病気によって手順や処置は異なります。ここで説明しているのは、一般的内科的な病気の治療の大まかな流れです。かならずこういった方法とは限りません)

漢方の体質判断や治療に病名は必要ない

漢方には、病名という考えがないので、原因を調べて、病名を診断する必要はありません。
西洋医学の病名は、参考にはなりますが、あってもなくても問題ありません。
その人の姿、歩き方など身体の動き、話し方、声の大きさ、顏色、症状、舌、脈、お腹の状態などから、現在はどんな状態になっているのか、現在のその人独自の体質を分析します。
もともとの健康な状態とどう違うのか?
その差をみていきます。ですから、親兄弟の病気、既往歴、小さい頃の体質なども体質を分析する上で重要な手掛かりとなります。
ここから病名で漢方薬を選ぶこと、また症状だけをあてはめて漢方薬を選ぶことはあり得ないということはご理解いただけると思います。
病名や症状は、体質を選ぶために必要な1つの情報です。
体質を判断することができれば、次にそれに対応している漢方薬を選びます。
しつこいようですが、症状に対応している漢方薬ではなく体質に対応している漢方薬です。
漢方薬は、一定の働きがあるわけではなく、その人の体質にあわせて調整してくれるものなので、判断した体質に対して、選んだ漢方薬がどのような調整をしていくのか、推測をたてます。
そして、体質が判断できれば、原因が見えてきますので、生活環境などをお聞きすることによって、より詳しく病因(病にかかった原因)を探ります。病因は、身体の中の状態を調べるわけではなく、食事の状態が悪いのか?生活環境で身体を冷やしすぎているのか?等々、その人独自の身体によくない影響をご一緒に調べていくのです。そして、選んだ漢方薬とともに病因を改善する方法も同時に実践し、再発しない体質づくりをおこなっていくのです。一部の病院や薬局では、漢方薬も西洋医学と同じように漢方薬メーカーが作りだした漢方理論とは関係のないマニュアルに沿って、病名で漢方薬をあわせたり、症状で漢方薬をあわせたりしていますが、実は、2つの医学は全く違う方法をとっているのです。