漢方専門まごころ漢方薬店

漢方ってどんな効果があるの?

漢方薬や新薬、薬の効能効果って一体何?

医薬品には、かならず効能効果があります。
月経痛を止めてくれる鎮痛剤は直接、痛みを止める効果や作用があります。
胃もたれを治してくれる薬は、食べ物の消化を促す効果や作用があります。

医薬品は、薬の有効成分が身体の治すべき部分に作用するようにつくられています。
鎮痛剤なら、神経に関連する部分。
胃もたれなら、胃の消化液を分泌する部分などです。

身体の1つ1つを部品のように考え、痛みを発する物質を痛みを起こす神経に伝える前に止めたり、胃酸の分泌を行う部分に働きかけて、胃酸の分泌を活発にさせたりします。

皮膚なら皮膚の部分だけ。胃なら胃だけ。肝臓なら肝臓だけに効かせるといった感じに機械を部品ごとに直していくようなイメージです。

人間の身体を細かく、化学的に分析し、臓器や神経が普段どんな働きをしているかを調べ、それを薬のもっている成分で身体の働き自体を変えてしまうのです。

漢方薬の効能効果の正体

漢方薬の働きは新薬の効能効果とは全く考え方が違います。
漢方では、身体の中の肺や胃、肝臓、腎臓はすべて、関わりあっていて、それら全てが全体的なバランスをとっていると考えます。

胃が痛いからといって胃だけを部分的に診ても何にも解決しません。また、胃の調子が悪いからといって胃という臓器だけを治療しても問題が解決するとは考えません。

頭痛の場合も、「頭の部分的な痛みだけ」とは考えず、身体全体の血の巡りが原因じゃないか?
と考えたり、胃もたれの問題は、「胃の消化液」だけの問題ではなく、気が滞って、胃そのものの働きが鈍っているのではないか?
と考えたり、身体全体のバランスをみて考えます。

漢方の考え方は、身体全体をみますので、当然、漢方薬は身体の部分、部分、1つ1つの臓器に働きかけるわけではありません。

水と火の効果で中和の働き

漢方薬の働きは、新薬のようにその成分で身体の機能を変えてしまうのではなく、身体が冷えていれば、温める薬で冷えを調整し、逆にのぼせなどで余分な熱が身体にこもっていれば、冷やすお薬で身体を冷やすのです。

そうすることによって、身体の中で余計な事をしていたものが、中和されて身体はもともと健康だった時の冷えすぎているわけでもなく、熱すぎて、のぼせているわけでもない普通の状態にもどります。

それが、中庸で健康な状態だと漢方では考えます。

何も問題がなければ、身体は本来の機能とリズムをとりもどし病気も症状もない健康状態を保ってくれます。

実際には冷えも熱も混ざってる・・・

漢方薬の働き方を簡単に説明しましたが、現実は、冷えているばっかりの人とか、のぼせてばっかりの人など、熱だけ、冷えてるだけといった単純な体質の人はほとんどいません。

足はすごく冷えるけど、手は熱いとか、頭はのぼせるなど、いろいろな状態が1つの身体の中で混ざっています。

そのいろいろな状態が、その人独自の体質で、それにあわせて漢方薬を選びます。