漢方専門まごころ漢方薬店

和食の素晴らしさ

うちの子供が、昨日ふと言った一言。
「オレは、和食はあんまり好きじゃないけど、味は和食が一番おいしいと思う」

うちの子供の好きな晩御飯メニューは、ハンバーグ、唐揚げ、ステーキ、ハヤシライス、餃子です。
要は、肉ばっかりです。

魚料理や野菜の煮物を出すと、目に見えてテンションが下がります。(わかりやす過ぎる・・・)

そんな息子の「和食は好きじゃないけど、一番おいしい」という言葉が聞けて、和食ってすごいんだな〜と関心してしました。

普段、私がご飯を作っている時に近くに息子がいたら、だいたい味見を頼みます。
小学生の息子の方が舌の感覚がいいのです。

本来、味覚というのは、子供の頃の方が敏感で大人なるにつれて、残念ながら衰えていきます。

子供に味見を頼む私

昨日も、味噌汁の味見をしてもらいました。

どうも私の舌だと薄味になってしまい、少し物足りない味に仕上がってしまいます。

息子の指示通り、1度目の味見の後、「かなり多めに味噌をたして!」

2度目の味見後、「もうちょっとだけ、味噌をたして。ちょっとだけやで」と念押しされました。

3度目の味見で、うちの子のOKが出ました。

確かに、味がしっかりしてボヤけた感じがなく、出汁と味噌のバランスがいい感じになりました。

うちの味噌汁のレシピは、とても簡単です。

煮干しで出汁をとって、味噌を溶かして味を整え、野菜やとうふ、海藻などのその日の具材を入れて煮るだけ。

なのに、こんなに美味しい一品ができるのです。これが、和食のすごいところです。

今回、味噌汁の味見をすることで、うちの子供のあの一言が飛び出したのです。
『和食は好きじゃないけど、一番おいしい』と。

日本は世界一、食材が豊かな国と言われています。
その理由は、平野では穀類、イモ類、野菜などが豊富に収穫されますし、山では、山菜やきのこ、木の実などが採れます。

島国であることから、ほとんどの場所から、海から捕れる魚介類や、海藻が手に入ります。川も各地に流れていますので、淡水魚介も身近にあります。
その上、四季を通じて季節それぞれに野菜や、魚介類の種類も多くあります。

和食がおいしい理由とは

☆ 四季折々の豊富な食材の美味しさを引き出せる

☆ 出汁(ダシ)をベースに調理するので、味に深みが出る

出汁(ダシ)+ 調味料(味つけ)+ 季節の食材 = おいしい和食

と、とてもシンプルです。
また、日本独特の味噌や醤油、みりんなどの調味料もおいしくなる理由の一つでもあります。
調味料についても今度、ブログを書いてみたいと思います。

和食は、現代人が直面する、がんや糖尿病、高血圧、アトピー性皮膚炎などの病気の予防にも大きく貢献できる食事ですので、日本の食文化である和食を、日本人として世界にもっともっと広められたらいいなぁ〜と改めて思います。

是非、和食の素晴らしさを見直して、おいしい和食を毎日の食卓に取り入れていただいて、健康に過ごしていただけたらと思います。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事