漢方専門まごころ漢方薬店

漢方薬のリスクとリターンとは?

どんなものにでもリスクとリターンがあるものです。

漢方薬での治療にも同じことが言えると思います。

よく、漢方薬は「優しいお薬で体にいいよ。」とか、「副作用もないよ。」と言われることがあります。

漢方薬を人から『いいもの』と勧められて「飲んだらなんでも良くなるんだ!」という思いが先行してしまい、漢方薬のいいところしか知らないで、漢方治療を始めると・・・いきなり漢方薬のよくない部分に出会ってしまった場合、本来の漢方薬の素晴らしさを知ることもできないままに漢方薬を敬遠してしまうことがあります。

漢方薬にもリスクがあることをしっかりと知っていただき、理解することで、漢方治療に真剣に取り組むことができるのではないでしょうか。

あえて漢方薬での治療のリスクを上げるとしますと、

❶ 一定期間(1ヶ月など)飲み終わった後でないと自分に合うかどうかわからない。(合うかどうかは、あくまでも仮説に過ぎません。)

❷ 治療を始めてみて、自分の体のどこに効果があって、どこに不調が出るのかが初めてわかる。

❸ ちゃんと飲まないと結果を判断できない。(2・3回飲んだだけでは、病院のお薬のような効果は実感しにくい。)

漢方薬は飲んでみる前から、絶対にその人にとって『いいもの』である保証は残念ながらありません。
体が不調になっていくような合わない漢方薬を『いいもの』と信じて飲み続けても意味がないのです。

特に病院では、体質を分析したり、その体質に漢方薬を合わせるという知識や知恵がなく、西洋医学の病名でマニュアルで漢方薬を選んでいることが多いので、①の漢方薬が合っているかどうかを処方した「当の医師がわかっていない」ということもあります。

漢方薬の大きな特徴は、西洋医学の薬と違って飲まれる方の体質に合わせて漢方薬を選んで処方するところです。

どうやって、体質に合わせるのか?
それは、飲まれる方のお一人お一人違っている体質を分析、判断しなければなりません。

漢方薬を選ぶことが難かしいのではなく、本当はその方の体質を見極めて、辛い症状が起こっている原因はどこにあって、治すためにどういう風に対応していくのか。を分析、判断しなければならないのが難しいのです。

体質判断とは、占いのように○○タイプと簡単にステレオタイプに診るわけではありません。
病気を治すという目的で漢方薬を選ぶためには、もっと具体的に、もっと細かく、詳しく、占いレベルではない次のレベルの判断をしなければなりません。

今の病気になった経緯をたどる作業のようなものです。『体質判断をする』という言葉の中には、次の治療の方針を立てるということも含まれています。

漢方薬は症状の抑制や緩和ではなく、体に変化を与えるものです。その変化はいいことも悪いことも含まれます。

漢方薬は『いいもの』と一言で表せるものではなく、体の中の状況を変えることができる自然の薬であり、その時の自分の体にとって『いい変化』を起こしてくれる漢方薬に、どれだけ早く出会えるかが根本治療の『鍵(かぎ)』となります。

どなたかから「漢方薬がいいらしいよ」とお聞きした場合は、「漢方薬がいい」とジャンルとしてひとまとめにして考えないで、「どんな風に体質分析や診断しているの?」「どんな風に治療方針を立てて漢方薬を選んでいるの?」「生活、ストレス管理の指導はどんな風にアドバイスしているとこなの?」とお聞きされたほうが漢方薬を効果的に使えると思います。

関連する記事