漢方専門まごころ漢方薬店

漢方医、国際中医師について

国際中医師について

国際中医標準試験は、中国政府(衛生部、国家中医薬管理局)が国際的に中医学の専門家を認定する制度です。
1991年、中国政府及び世界保健機構(WHO)の援助を受けてセンターを設立し、中国政府による能力認定を開始。
韓国、日本、シンガポール、ニュージーランド、マレーシア、アメリカ、カナダ、ドイツ、イギリス、イスラエル、ブラジル、アルゼンチン、ベルギー、フランス、スイス、スペインなど20数カ国及び台湾、香港、マカオの中医学従事者が受験しました。
この試験は中国政府が国際的に中医学に従事する人を認定する国際中医師試験として発展し、日本においても1996年以降、毎年国際中医師試験が実施されるようになりました。
ただし、日本では国際中医師は、日本の医師とは意味合いが全く異なり、日本でのいわゆる医師とは違います。
中国には中医師という資格があります。これは、中国のお医者さんの資格の一つで、漢方を専門とするお医者さんの意味です。
国際中医師は、中国の中医師に近い経験と知識を持っているという事を証明する一つの検定試験です。
現時点では、中国政府公認の漢方カウンセラー、漢方の専門家といった感じで捉えていただくとよいかと思います。
もちろん、資格というものはあってもなくても重要なのは、治すという結果を出すことです。