漢方専門まごころ漢方薬店

西洋・東洋医学に対する僕の考え

医学について

漢方は、漢方の事だけ知っていればいいわけではありません。相談に来る方は、病院の治療経験があることが多いです。病院の治療も体質に対する影響があるので、病院の診断や治療方法、西洋医学の理論を理解しておかなければいけません。
またサプリメントは、食事の延長線上にありますので、世の中の健康食品のことも知らなければなりません。そして、漢方は考え方の数だけ治療法がありますので、他の漢方をされているお店や先生の事も知らなければなりません。それらについての僕の考えを書いています。考えはすなわち、漢方相談の考え方や僕のお店を表していますので、こういった考え方からこんなお店なんだなと思っていただければ幸いです。

西洋医学について

病院に関しては、納得して治療してもらえるところが私の家族では見つかっていません。
西洋医学はすばらしい医学だと思いますが、それを扱う人が使いこなせていない方が少ないように思います。
漢方も含めて医学は、一般の方は詳しく知りません。ですから、お医者さんのいっていることが「正しいのか」「間違っているのか」そのお医者さんの「能力は高いのか」「低いのか」が判断できません。鵜のみにするしかありません。
一昔前のIT業界のような感じですね。パソコンを使わない方は相手が嘘を言ってても、わからないといった感じです。
僕は、友達に医師もいますし、自分自身も実践で必要な西洋医学は理解しています。
西洋医学を知っているということを前提に病院に行くと、診察の方法がマニュアル的で流れ作業的すぎると感じます。
また、診察の時に説明でひっかかるところがあり、そのことを質問しても、ほとんどの医師には、はぐらかされました。
ぜひ、そういった専門的知識をもった人にでも堂々と納得させることのできる医師と出会いたいです。
新薬で不思議なのは、お薬を飲んだ時に副作用が出た場合、「体質に合わない人もいる」という説明です。
でも、これって事後報告なんですね。副作用でひどい目にあった後に言われます。
考えれば、漢方はどんなお薬が合うかを探しためにその方の体質を分析するのですが、新薬の場合、せめて、こんな体質の方は副作用になりやすいというのはないのでしょうか?(肝炎や妊婦など素人でもわかる明らかなケースを除く)副作用になってから、「あわなかったみたいですね。」と言われてもと思います。
こういう部分も漢方と決定的な違いですね。

サプリメントについて

過去の仕事上でサプリメントの裏事情を知る機会がありました。
なるべく安いクズのようなグルコサミンやコンドロイチンなどを中国から買ってきて、ほとんどを添加物でかさあげしデッチ上げに近いようなデータを出して効果を宣伝し販売する手法。
そういったことが当たり前でした。
実際にそういった商品開発に加わり、安価な健康食品は飲むまいと決めました。
ただ、全てのサプリメントが悪いわけではありません。
いろいろなサプリメントを試してきた結果、もともと生薬だったものをサプリメントとして飲む場合は、結構、よいことがわかりました。
しかし、サプリメントといえど、自分の体質にあわせることは必要です。
逆にどんな体質の方にでもよいサプリメントは、どんな方にも影響ないサプリメントだと思います。それだったら、飲むことが無駄ですね。
体調が悪い時は、漢方薬でその時の体質にあわせて処方すれば事足りるので、サプリメントで飲みつづけているものはほとんどありません。
昔は、3種類ほど毎日サプリメントを飲んでいて体調がすごくいいと思っていました。漢方薬でその都度、体調を整えるようにしてからは、サプリメントを飲み続けなくてもさほど体調が悪くなるわけでもないことに気づきました。
ただ、漢方の分野である生薬のサプリメントは飲みつづけています。
もちろん、体質にあわせて1種類だけ飲みつづけてはいます。
僕のお店では、信頼のおける少数のサプリメントしか扱っていませんし、安いサプリメントなら飲まないほうが健康になれるとアドバイスしています。

漢方相談、健康相談のお店について

私は過去の仕事上、いろいろな漢方の薬局や健康相談を専門にしている薬局とおつきあいがありました。
私の父親は薬局を経営し、漢方やサプリメントを組み合わせた方法で相談する。そのノウハウを全国の薬局の方に講演して回っていました。
そんな経験の中で思ったことは、漢方と看板をあげていても、漢方薬を取り扱っているだけで実は漢方の事は知らないのに相談している店が非常に多いことでした。
これは病院も同じです。
高額なサプリメントを扱っているお店が多く、そのサプリメントの質はよいのですが、漢方からみると効率が悪く、高額です。
つまり、ものは悪くないかもしれませんが、目的を達成するまでに非常にコストパフォーマンスが悪いのです。(お店にとっては儲かるので悪くないですが・・・)
漢方薬の1種類で治すことができるものが、サプリメントだと1ヵ月分1万円位のものを3つ位の組み合わせたりしています。
しかも、体質にあっている漢方薬の3倍位の期間がかかると思います。
これでは、続けたくても続けることができません。続けることができなければ、治りません。

まとめ

私は、西洋医学もサプリメントも漢方もどううまく使い分けていくかが重要だと思います。
どれがすぐれているとかどれが劣っているとかではなく、どれをどんな時にどう使っていくかです。
うまく使い分けていくためのキーポイントは、自分の体質は他人と一緒じゃないということです。体質にあわせた治療をする。
自分の体質を理解し他人と一緒の治療ではよくならないというケースがあることを理解しなければなかなか、個性をもった自分の体質が他人と一緒の治療では、非常に確率の悪い治療になると思っています。