漢方専門まごころ漢方薬店

よい漢方薬と悪い漢方薬の違い

漢方薬の良し悪しは自然環境で変わる

新薬は、化学合成で工場の管理下のもと製造しますので、薬ごとの品質の差というものは基本的にはありません。
漢方薬は、化学合成ではつくれません。
すべて、自然界でとれるものです。
漢方薬は、何種類かの生薬で構成されています。
例えば、当帰芍薬散なら、当帰、芍薬、川キュウ、白朮、茯苓、澤瀉といった6種類の生薬です。
生薬は、すべて、自然界でできているものです。
野菜やお米と同じです。
食べ物と同じで、生薬ごとに良いものが育ちやすい気候とか、良いものが育ちやすい土地があります。
当帰や葛根は奈良などの土地で育ったものがよく、柴胡は静岡県で育ったものがよいとかなどがあります。
栽培品がよい場合もあるし、野生の生薬がよい場合もあります。
ですから、漢方薬のもととなる生薬には物のよいものから粗悪で悪いものまで。ピンからキリまであります。
当然、育ちが悪く、品質の劣るものは、効果もよくないと考えられます。

自然の漢方薬と化学の漢方薬

漢方生薬の品質は化学で研究されています。
その漢方生薬の主たる成分がどれくらい含まれているかを調べるのです。
これは、今後の漢方の研究には重要ですが、実践で使うには、直接は関係ありません。
というのも、漢方薬は、新薬のように何かの主成分が作用しているわけではないからです。
また主成分といっても、研究するときに勝手に決めているだけで、その成分だけが効いているわけではないのです。
それが、西洋医学とは異なるゆえんです。
おそらくこの先、化学が進み1つの生薬を研究していけば、もっと莫大な数の有効成分が確認されるでしょう。
そんなことがわかっても、化学的な理論がわかるだけで、現実の実践の漢方治療に即戦力にはなりません。
品質に関しては、こういった研究がされているので、漢方薬を扱っている方の中には、漢方薬の成分にこだわり、有効だと考えている成分が多ければ、よく効くと考える方もいらっしゃいます。
こういった考えは、体質にあわせるための漢方薬を選ぶ、1つの情報として参考にはなりますが、結局は複数の生薬があわさった漢方薬を体質にあわせて選ばないといけないので、直接的にはあまり関係ないのです。

品質のよい漢方薬の役目

もちろん、より良い品質の漢方薬を使っていくことは大切です。
以前、病院でツムラの桃核承気湯という処方を1年間飲んでおられた方が相談に来られました。
私が体質分析をしたところ、やはり同じ桃核承気湯でした。
以前からツムラさんの漢方は、漢方業界で効果が弱いという噂(あくまで噂です)があったので、ツムラさんの桃核承気湯は廃止して、私のところの漢方薬を飲んでもらうことになりました。
そうすると5日で、ずっと気になってよくならなかった症状がよくなりました。
品質を感じた経験でした。違う漢方薬で似たような経験はいくつかあります。※ツムラさんの漢方薬が噂通り効果が弱いのかどうかは真相はわかりません。効果が弱いというのはあくまで業界の噂です。

結局は体質にあわないと意味がない

漢方薬の品質よりもっと大事なことがあります。
それは、その漢方薬が本当に体質にあっているかどうかです。
漢方薬は、体質にあっていなければ、よい変化もおきないので、効果がよいのかどうかもわかりません。
よく先生同士でこの漢方薬は質が悪いとか良いとか話ますが、僕たちは品質以前にまず体質がちゃんと判断できているかどうかが重要です。
その次により品質のよい漢方薬を使うということです。
ものすごく、品質のよい漢方薬でも、体質をちゃんと判断することができず、体質とあっていない漢方薬を選べば、結局その漢方薬は、あまりよくない漢方薬だったという結果になります。
そうなると漢方薬の品質が悪いのか? 選んだ先生の体質を見極める力が悪いのか?
どちらとも判断つきません。
とにかく、まずは、どこのメーカーさんの漢方薬であっても、体質をできるだけ正確に判断し、その体質にあった漢方薬を選ばないといけません。

いろいろな品質の漢方薬

漢方薬はいろいろな漢方メーカーさんが製造しています。
安い値段で売って、その分たくさん買ってもらうよう考えているメーカーさんや漢方薬の原料になる生薬にとことんこだわったメーカー、様々です。
これは、食事と同じです。
特産地のとれたての食材を使った料理は栄養も豊富で、当然おいしいです。
同じ食材でも外国産などの安いものを使った料理は、栄養は少なく、先ほどの食材とくらべればあまりおいしくありません。
食事のおいしさは、漢方では、効果みたいなものです。
また、現代では、漢方薬のエキスも主流になっています。
メーカーさんによっては、エキスの抽出にこだわっていたり、漢方薬を構成している生薬の分量比にこだわっていたりします。
漢方薬ひとすじ!といった感じで、されてきたところほど、生薬の品質やつくり方にこだわっています。

体質にあっていなくても品質でカバーする

生薬の品質がよくても、体質にあっていなければよくないです。
では、品質はこだわらなくてもよいのか?
そんなことはありません。
品質が悪い漢方薬は、身体に何の変化も与えません。
漢方薬は、治るか、治らないかで選ぶわけではないので、なんらかの変化がおきないと次の手が考えられないのです。
例え、選んだ漢方薬が体質にあっていなくても、品質のよい漢方薬なら、なんらかの変化を与えてくれます。
その変化をたよりに次の漢方薬を考えることができるのです。
そうでないと、いつまでたっても、漢方薬を何種類も変えても、毎回、よくわからない・・・となってしまいます。
ですから、漢方薬の品質がよいことに越したことがないのです。