漢方専門まごころ漢方薬店

その漢方薬は漢方理論で処方されていますか?

たまたま選んだ漢方薬があっていた

漢方では、患者さんにあわせて漢方薬を選ぶことが最も重要なことではありません。
漢方薬自体はよいお薬なので、体質を全く考えずに適当に選んでも、たまたまよくなることもあります。
漢方医としては、「毎回あてずっぽうで選んで治ったらラッキー!」みたいな治療はできません。
そもそも、そんな方法だったら、先生にみてもらう必要がありませんね。自分で処方すればいいのです。適当に・・・。
漢方で重要なのは、なぜその患者さんにその漢方薬を選んだか?
不妊症に当帰芍薬散がいいって聞いたから・・・。
風邪に葛根湯がいいって聞いたから・・・。
これでは、素人レベルです。

漢方薬を選ぶために必要な根拠

漢方薬を選ぶためには、体質を知る必要があります。
その患者さんの体質を知ろうと思ったら、漢方の理論を理解していないとできません。
漢方の理論とは病名漢方や症状漢方の事ではありません。
漢方薬を選ぶ際には、東洋医学にのっとった理論が必要になるのです。
では、なぜ漢方薬を選ぶ際に病名漢方や症状漢方のようなマニュアル的に選んではいけないのでしょう。

マニュアル漢方の罠

漢方は慢性的な病気に対応することが多いです。
漢方薬は飲めば、症状がすっきりと治るか、全く治らないかといった2択的な見方ではありません。
いろいろな症状、身体の状態をお聞かせいただいて、それが今後、どう変わっていくのかを見ていきます。
もちろん、全部の症状が良くなっていく時もありますし、ある症状はよくなって、ある症状は逆に悪くなったということもあります。
本来、体質から漢方薬を選んでいれば、これらの変化全てを総合的に判断して、今の漢方薬はあっているのか?違う漢方薬に変えたほうがよいのかを判断します。
ところが、病名や症状だけでマニュアル的に選んでいる場合、微妙な変化の場合、大概は、ただ漠然と続けるしか手がなくなるのです。

なぜ私の体質にその漢方薬を選んだの?

漢方理論にのっとって、漢方薬を選んでいれば、飲んでからの微妙な変化にも対応できます。
また、漢方理論は症状などから体質を判断し漢方薬を選ぶことだけではありません。
食べ物の養生や、四季ごとの過ごし方など、生活全体をみて病気との関係をみていきます。
また体質ごとに生活をどうすればうまくすごせるかも見えてきます。
漢方で最も重要なのは、「私にどんな漢方薬があっているか?」
ではなく
「なぜ、私の体質にその漢方薬なのか?」です。
不妊症だから当帰芍薬散があっているのではなく、「なぜ私の体質に当帰芍薬散なのか?」
その理由を処方された先生に聞くようにしてください。
漢方薬を選んだということは、かならず漢方理論に基づいた根拠があるはずなので。