漢方専門まごころ漢方薬店

漢方薬は何種類も飲まないといけないの?

薬がいくらでも増えていく!対処療法について

新薬は、対処療法とよばれる治療薬の割合が多いです。
対処療法とは読んで字のごとく、その場の対処をすること。
頭痛があれば、痛みをとりあえずとる。
かゆみがあれば、とりあえず、かゆみを抑える。
対処療法のお薬は、その場の対処をするだけなので、普通は長く飲みつづけても病気は治りません。
お薬を飲んでから効果のある時間だけ効いてくれています。
お薬を飲んだらお薬が効いて症状が治る。お薬の効果が切れたら同じ症状が復活。
また、お薬を飲む。しばらくするとまた症状復活。
これの繰り返し。
だから高血圧の新薬は一生飲まないといけないと言われるのですね。
お薬の説明書をよく読んでみると「これは対処療法のお薬です。根本的な治療にはなりません」と書いてあります。
対処療法のお薬は、人間の身体全体を治療していこうとする薬ではなく、人間の身体を部品のようにみて1つずつ部品を修理するように治療します。
症状1つずつ(部品の故障に1つずつ)に対応するような感じですね。
頭痛には鎮痛剤、かゆみにはステロイド剤、不眠には睡眠導入剤。
全部、バラバラに治療。
症状を訴えれば訴えただけ、足し算的に症状を対処するお薬が増えていきます。

対処療法的漢方薬は混乱する

漢方の先生の中にも一人の人にたくさんの種類の漢方薬を処方していることがあります。
漢方的にも1人の患者さんに何種類かの漢方薬を処方する場合もありますが、中には新薬の対処療法と同じ考え方で処方している場合があるので気をつけないといけません。
漢方の場合、自覚症状の考え方自体が西洋医学とは違います。
症状1つ1つに対応していくわけではありません。
症状は、身体の中の状態をあらわしているサインです。
1つずつ症状をなくしていったからとって身体が治るとは考えません。
身体の中からの発している症状サインを全て抜きだし整理してトータルで分析して身体全体の体質というものを考えるのです。
仮に症状ごとに漢方薬を処方しても、ある症状がよくなって、ある症状はよくならない、もしくはひどくなったというケースがあり、どの症状に何の漢方薬を処方しなくてはいけないのかごちゃごちゃになります。
そうなると漢方薬の種類は増えるし、漢方薬はコロコロ変わるし・・・といった、とっても忙しい、いいかげんな治療になってしまうかもしれません。

漢方薬の中身にはいろいろな働きの生薬がある

漢方薬は、何種類かの生薬で構成されています。
少ないものでも5種類位の生薬によって構成され、それぞれの生薬は働きが違います。
それぞれの生薬がいろいろな部分に働きかけていきます。
1つの漢方薬で何種類も役割がありますので、漢方薬自体を症状ごとにあわせて何種類も処方すると全部の生薬数でいうとトータルで何十種類も飲んでいることになります。
初回はそれでもいいかもしれませんが、問題は、しばらく漢方薬を飲んでも変化がなかっり、悪くなったりした場合、次の漢方薬に変更することが非常に難しくなります。
なぜなら、どの漢方薬がよい変化を与えていて、、どの漢方薬はよい変化を与えていないのかが、こんがらがって分からなくなるからです。
また、たくさんの漢方薬を処方して治るのであれば、大昔にすべての漢方薬をあわせて、1つの万能漢方薬をつくり、それをどんな病気の方でも飲むようにしてきたと思うのです。
しかし、実際には、大昔から500種類以上の漢方薬が受け継がれてきていて、現在もいろいろな種類の漢方薬を使い分けています。
やはり、体質にあわせて選ばないといけないのです。歴史がそれを証明しているような気がします。

複数の漢方をあわせる場合の法則

一度に複数の漢方薬をあわせる場合は、漢方的に実はルールが決まっています。
合病、兼病、併病など、病が2つに渡って同時進行しているのかどうかという判断をし、そこから1人の患者さんが複数の漢方薬を飲むべきかどうかを考えるのです。
合病とか兼病というのは、2つの体質が同時期に存在していると判断する考え方です。
これは、1つずつ症状に対応するのではなく、症状を総合的に判断した体質に対応する考え方です。
2つの病の体質があったとしても、かならずしも同時に治すわけではありません。
○同時に治したほうがよいのか?
○順番に治したほうがよいのか?
も考えていかなければなりません。
漢方は基本的に一度にたくさんの種類の処方が必要だとは考えません。
複数の処方が必要だと考えた場合は、加減といって処方数を増やさずに1つの処方の中の生薬を微妙に変えたりすることで対応することもあります。
漢方薬の構成生薬の中の生薬を1つ減らしたり、新たに1つ増やしたりと体質にあわせて微調整します。
微調整であれば、今回の漢方薬で混乱するような変化が少なく、次の漢方薬を考えていくことになってもスムーズです。
風邪や腹痛など短期的な対処に漢方薬を使う以外は、あまり一度に複数の種類の漢方薬を使うことはおすすめできません。
症状がある分だけ、それにあわせて漢方薬を処方するのは、楽な方法です。
たくさん処方しておけば、ヘタな鉄砲もなんとやらでどの漢方薬かが当たるかもしれないという理屈は漢方では通用しません。
種類の多いことが混乱を招き、壊病を招くこともあるのです。
漢方薬の処方は1つのほうがよいとか
たくさんあったほうがよいという考えではなく
あなたの体質には何が必要なのか?
これを見極めていくことが大切です。