漢方専門まごころ漢方薬店

漢方薬やあらゆる薬を廃薬

自然治癒力と適応能力

人間の身体は本来、自分の身体を自分で治す自然治癒力をもっています。
新薬は、本来もっている自然治癒力を生かす治療ではなく、新薬の強い効果で強制的に症状などを抑制していきます。
自然治癒力と同時に人間の身体は環境にあわせていく能力をもっています。
熱いところに住んでいる人は、汗腺が発達していて汗をよくかくことによって体温を調節する体質です。逆に寒いところに住んでいる人は、皮膚を閉めて熱が逃げないような体温調節する体質です。

慣れてくる薬の効果

新薬を飲んでいるとだんだんと効かなくなってくることがありますね。
それは、この自然治癒力と環境適応能力が関わっています。
新薬は新薬自体がもっている効果が身体に作用します。
それが長期間になってくると自分の自然治癒力で治す力が弱くなってくるのです。
長期間、新薬の作用があると自然に治すようにしなくても薬にまかせておけばいいからです。
そして、今度は、その新薬を飲めば症状がなくなるという環境に勝手に調節していきます。
そういった体質になった時、薬が以前より、効かなくなり、薬をやめたら途端に症状がひどくなるというった状態になります。
アトピーとステロイドの関係などですね。
新薬のほとんどはこういった対処療法(薬を飲んでいる間だけ症状などを抑制し作用時間が切れれば元に戻る)なので、長期間飲んでいても自分の体質が変わっていったり、自然治癒力が元に戻っていったりすることはありません。
基本的には、飲めば治って、効果時間が切れれば戻って、また飲んで・・・の繰り返しです。
それに新薬は、化学合成品で自然のものではないので、あまり長期間飲むことは身体にいいのかどうかわかりません。(もちろん、やむを得ず飲みつづけないといけない薬もあると思いますが)
新薬もいずれはやめていかないといけないし、薬をやめても元に戻らないようにしてもらわないといけないのです。

漢方薬は自然治癒力を応援する

漢方薬は、患者さんの自然治癒力を元のように働けるように手助けします。
漢方薬が強制的に作用を発揮するわけではありません。
だから漢方薬は、体質にあっていないと全然効かないのです。
そして、体質を調節していくので、やがて元の自然治癒力を発揮できる健康な体質に戻ります。
そうすれば、自然治癒力を元に戻すために飲んでいた漢方薬もいずれはやめないといけません。

お薬の廃止

病気が治るというのは、薬飲んでいる間だけ治るという条件付きのことではありません。
新薬にしろ、漢方薬にしろ、サプリメントにしろ、やめても自分の力で治すことができる体質というのが治ったということです。
ここで一つ気をつけたいのは、新薬と漢方薬は廃止するタイミングが違うということです。
新薬は対処療法なので、対処できれば(症状がなくなれば)すぐにやめてもいいかもしれませんが、漢方薬は対処しているわけではないので、症状がなくなってもすぐにやめるのはよくないです。
症状がなくなっても、身体の中の調節は終わっていないかもしれないのです。
かといっていつまでも同じ漢方薬を飲んでいたら、いつのまにか体質にあっていない漢方薬を飲みつづけているかもしれません。
このあたりの見極めが難しいです。
廃薬にマニュアルはないので理論ではなく、経験で決めていくしかありません。

まごころ漢方の廃薬の考え方

まごころ漢方では、なるべく早く廃薬できることを目指します。
しかし、症状がなくなればすぐにやめればいいというものではないので、最もベストな廃薬のポイントをご一緒に考えていきます。
また、健康になってからも、もっと元気でいたい、二度と同じ病気になりたくないという方には、体質にあわせて飲みつづけることのできる生薬をお探します。
いち早く健康を取り戻されるようにお手伝いいたします。