漢方専門まごころ漢方薬店

漢方に重要な先生との相性

漢方に必要なコミュニケーションスキル

病院での治療は、漢方と比べると化学的で客観的です。
漢方は、客観的な検査より、自覚症状を重んじます。
自覚症状やどんな風に悩んでいるかを聞いていくことが重要です。
医学は、専門的な知識や経験が必要ですが、漢方の場合は特に自覚症状を知ることがカギとなりますので、患者さんにいろいろな事を話してもらうコミュニケーションスキルが必要です。
普通は、はじめて相談するところで、何もかもを話せる人はいません。
中には、病院、お医者さんというだけで緊張する人もいると思います。
自分がリラックスできずに思うように話せなかった場合、漢方では、自覚症状を間違って解釈してしまいます。
自覚症状を間違って解釈するということは、体質を間違って判断するので、選ぶ漢方薬も間違って選んでしまいます。
体質にあわない漢方薬だと何の変化もでないかもしれません。
ですから、漢方の腕も重要ですが、それ以上に相性、コミュニケーションが重要です。

コミュニケーションには話しやすい空間も必要

話しやすい空間、話しやすい先生、話しやすいゆったりとした時間。
次の患者さんがズラリと部屋の前で待っていてはそれが実現できるとは思えません。
先生も患者さんも次の患者さんのことを考えてしまいますよね。
人は初対面で会った瞬間になんらかの印象を持ちます。
「あ~嫌だな」「やさしそうな先生」「なんか緊張するな」「気づいたら、いろいろ話してるな」などなど。
その方の自覚症状から本当に体質を知ろうと思ったら、よい関係でないとだめなんです。
また漢方は、一般的には、詳しく知られていません。
それだけにいろいろな疑問や不安があるでしょう。
そういった場合、自分からいろいろと質問しないといけません。
質問しずらかったり、また先生が質問を受け付けない怠惰於だったり・・・
これでは、今後の治療もうまくいかないのです。
だから、漢方の先生とは相性も重要だということを知っておいてください。
「なんか、相談に行くのが嫌だ」「話しているとだんだん不快な気分になる」
これだけで効果半減です。
せっかく漢方薬を飲んでいても台無しです。
そんな時は、違う先生のところに相談にいってみるのもよいかもしれません。