漢方専門まごころ漢方薬店

耳鳴り、難聴は漢方薬で早期治療

耳鳴り、難聴はなかなか治癒が難しい病気です。

その原因複数、考えられます。

「原因はコレだ!」と明確に診断されれば、治療もどうすればいいのかがわかるものですが、原因を特定することが、この病気は、とても難しいのです。

病院で、外耳炎、中耳炎、内耳炎、聴神経腫瘍、狭窄症、と診断された場合は、原因がわかっているので、対処ができます。

病院の診断で、「うーん、原因はストレスかな?」「神経の問題かもしれないですね。」というようなざっくりとした場合は、病院でいくら治療を重ねても、医者は原因を特定できていないわけですから治療は、原因に対応しているのかがわからないわけで、それでは根本治癒に近づけるわけがないですね。

なんとか、状況を変えたくて、インターネットで調べたら、サプリメントで、よくなったという事例が山のように出てきます。

どのサイトを見ても、いかにも「これを飲んでたら治るかも!」と思ってしまうような素敵なサイトばかりです。

イチョウの葉エキスや、蜂の子のサプリメントが代表的です。

イチョウの葉エキスは血行をよくする効果がありますが、耳鳴りや難聴を治せるくらいのパワーは生薬としてはないと思います。

蜂の子は豊富なアミノ酸とビタミンBが成分で、成分的にはプロテインと同じようなものです。

体は元気になるかもしれませんが、耳鳴りや難聴の治療にはほど遠いように思えます。

(ビタミンBが神経を治すみたいに言いたいのかもしれないですが)

ですので、耳鳴りサプリメントを飲んでたら治るだろうというのは、かなりの気休めのような気がします。

耳鳴りの治癒を難しくしている点は、耳鳴りの状態が固定化されると、治癒の可能性が低くなります。

これは、長年の治療経験からわかったことですが、耳鳴りや難聴になって半年以上過ぎた場合は、なかなかよくなりませんが、逆に、治療が早ければ治る可能性が高い病気なのです。

もし、耳鳴りや難聴の症状が出てきたら、できるだけ早く病院で調べて、原因を追求し、もし何が明確な原因かが特定できなかったら、漢方薬での治療をおすすめ致します。

耳鳴りの漢方薬と言えば、『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』が有名ですが、これも漢方治療の経験からこの漢方薬で耳鳴りや難聴がよくなったという例がほぼありません。

漢方薬と一言で言っても、証(体質)を診て処方しますので、体質を詳しく診ていくとこんなにいろいろなタイプに分かれます。

(耳鳴りで考えられる体質タイプ)
❶ 皮膚表面の水の巡りが悪くなり、その水が原因で耳鳴りを起こしているタイプ。

❷ 胸のあたりに気が滞り、熱がこもりやすくなり、余分な気と熱が原因で耳鳴りを起こしているタイプ。

❸ 便秘気味で大腸の熱がこもり、大腸の熱が耳に登って耳鳴りを起こしているタイプ。

❹ 気と熱が頭の部分で滞って耳鳴りを起こしているタイプ。

❺ 胃腸に留まった水が耳鳴りを起こしているタイプ。

❻ 貧血気味で血が不足して、それが耳鳴りを起こしているタイプ。

❼ 腎臓機能が弱って、水の巡りが悪くなり耳鳴りを起こしているタイプ。

と、7つの体質タイプ(証)から、それに合った漢方薬を選んでいきます。

先ほどの『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』は「気と熱が頭の部分で滞って耳鳴りを起こしているタイプ」の証にあたり、その証の場合に考えられる漢方薬は7種類ほどあり、その処方の中の一つです。

漢方薬の選び方を簡単に解説しますと、一段階目で体質を7つの証の中のどれかに絞ります。(1つの証に絞れたら、より簡単ですが、証が2つか3つになることもあります。)

二段階目で、その証で考えられる複数の漢方薬の中から、選ぶことになります。

最初は耳鳴りを治せそうな漢方薬が40種類ほどあって、それを大まかに7つのタイプにわけて、7つのタイプの中には6種類くらいの漢方薬がありますので、その6種類の中から、一番、体質にあっていそうなものを選んでいくといった感じです。

ですので、漢方薬=『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』
と体質(証)を診ることを飛ばして、耳鳴りの漢方薬として飲む事は、漢方治療ではなくなってしまいますので、ご注意を!

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事