漢方専門まごころ漢方薬店

不妊症の原因をちゃんと調べたほうがいいの?

「赤ちゃんができない期間が長いので、一度ちゃんと不妊治療専門の病院で不妊の原因を調べてもらおうと思っているのですが・・・」

と相談された場合、いつもお答えさせていただいていることです。

『不妊症は病気ではありません。おそらく決定的な原因を何か一つ突き止めることは、病院で調べたとしてもわかりません。』

ただ、病院で調べてもらった方がよいことは、両方の卵管閉塞やみかん以上の大きさの子宮筋腫は、原因の一つとして知ることはいいことではあります。

ですが、卵管閉塞の手術をして卵管が通ったり、子宮筋腫を取り除いて不妊の原因がなくなったと思っても、必ず妊娠できるのかどうかは、病院でも明確に答えることはできません。

治療後、やっと原因がよくわからない不妊状態の方と同じになるだけなのです。

不妊の原因は、人によって様々

ご夫婦の問題でもありますので、原因の要素が単純に x2(2倍)になって、より複雑となります。

病院では、基本は女性側の方の原因ばかりを指摘する場合が多く、検査の結果から、「E2ホルモンが低いから」とか「高温期に体温が上がらないから」と言われたとしても、それだけが唯一の原因ではなく、たくさんある原因の中の一つでしかありません。

また、基礎体温が低温期や高温期が定まってなかったり、月経周期、月経期間のリズムが安定していなかったりといった場合には、ホルモン剤で治療をしますが、それは女性ホルモンを刺激するのであって、妊娠できる治療ではないのです。

卵子の質の検査をして、グレードが低いからと言われても、それが改善される薬などありません。

血液検査で何かがわかったとしても、不妊を治す薬が処方されるわけではないのです。

病院で隅々まで原因を調べたからと言って、不妊症の原因が特定されるわけではなく、そうなると必ずしも妊娠につながるとは限りません。

病院に期待していたのに、結果に満足がいかなかった時は

もし、原因を調べるために病院へ行って、明確な原因がわからなかったり、原因を指摘されるだけでその原因を改善するための具体的な治療を提案されることもなく、「なんだかなぁ〜」と思われたら、漢方薬でご夫婦お二人の身体の根本から、改善される方法も選択肢として考えていただけたらと思います。

もともと、不妊症に何かわかりやすい1つの原因なんてないのです。

その点、漢方治療は、人それぞれの体質を判断して、体質を整えます。

体質が整えば、人間は、もともと誰もが妊娠する力を持っているので、赤ちゃんを授かりやすくなります。

また、現在の体質を分析できる漢方なら、たくさんある原因が仮にわからなくても、今の状態からよりよい体質に変えていけば、それだけで自然妊娠の確率が上がると思います。

全身の状態がよくなれば、卵子や精子の質を変えていくということは自然と質もよくなっていくのです。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事