漢方専門まごころ漢方薬店

PMS(月経前症候群)のいろいろな症状をまとめて良くする方法

PMS(月経前症候群)は「うつ」と違い、ホルモンバランスの影響で、気分が落ち込んだり、悲しくなったりします。

同時に、気分だけでなく、身体にも影響があるケースもあります。

月経(生理)の前にはどうしてもイライラしてしまったり、甘いものが無性に食べたくなったり、乳房がはって痛んだりと、いろいろな不調がでてきますよね。

PMS(月経前症候群)は“Premenstrual Syndrome”の略です。

多くの女性が月経(生理)の前になんらかのPMSの症状を抱えていると言われています。

西洋医学では一言に『PMS』とひとくくりにしていますが、人それぞれ、身体に出てくる症状が違っていて、複数にわたる場合が多いのが実際のPMSです。

PMSの症状

1)腹痛
2)頭痛
3)むくみ
4)肌あれ、にきび
5)吐き気
6)眠気
7)だるさ、疲れ
8)下痢
9)便秘
10)気分の変動、気分のコントロール不全
など。

こんなにたくさんあるPMSの症状に対して、なんとかしようと思ったらどうしたら良いでしょうか?

西洋医学的にはこれらの症状に対して、それぞれに効く薬を飲んで対症療法で治療します。

どんな薬なのか、いくつかを例に挙げてみます。

腹痛、頭痛→ 痛み止め
むくみに → 利尿剤
下痢 → 下痢止め
便秘 → 便秘薬
肌あれ、ニキビ → ビタミン剤
気分の変動 → 精神安定剤

複数の症状がある場合は一つ一つの症状に対して、それぞれの薬を飲んでたら、余計に気分が悪くなりそうですね。

不調の原因は、PMSなのに、一体何種類の薬を飲んで対症療法で治療すればいいのでしょうか?

考えただけで、気が滅入ります。

毎月、毎月、こんなにたくさんの薬で、いちいち対応するしかないのでしょうか。

もし、たった一つのお薬だけで複数の症状が改善されたら、嬉しいと思いませんか?

実は、そんなお薬があるんです!

それは、漢方薬です。

PMSの原因は、女性の身体の特徴である、毎月やってくる月経に関係しています。

月経全体が整えば、おのずとPMSの症状はなくなります。

整えるという意味は、血を子宮に集めて排卵期に備え、排卵が終われば、月経として外に血を排出する一連の月経のリズム一定にすることであったり、集める血の量や流れ方の偏りをなくすことです。

PMSとして身体に症状が現れるのは、月経のサイクルやリズムが整えられていないからです。

その方の月経の特徴と体質を分析して、あなたにあった漢方薬を合わせることで、PMSの原因である月経に直接、効いていきます。

漢方薬なら、その方の体質を診て選びますから、頭痛、腹痛、にきび、便秘などの複数の症状も1種類の漢方薬ですべてなくすようにしていきます。

あれもこれも、薬をたくさん飲む必要はありません。

漢方薬なら何でもいいわけじゃない

病院の婦人科でも、PMSの治療として漢方薬を処方されるところは山ほどありますが、患者さんの病的体質である『証』を診て、処方できる病院はほとんどとと言っていいほどありません。

詳しい問診を取らないで漢方薬を処方したり、服用中の変化を聞かずに何ヶ月も同じ漢方薬を出すような場合は、身体の不調を感じた時点ですぐに漢方薬の服用をやめるべきです。

なぜなら、合っていない漢方薬で、よりPMSが悪化するかもしれないからです。

また、合っていない漢方薬を長期間飲む事で、副作用を引き起こす場合もありますので、注意して下さいね。

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

ブログの著者 東洋医学カウンセラー 松村陽子

FacebookTwitter

関連する記事