漢方専門まごころ漢方薬店

病気は甘やかしてはいけません

「病気を治すためには自分の体を甘やかしてはいけません」
突然、何を言い出すのかと思われるかもしれません。

病気に悩まされ、何かつらい症状が出たとして、病院に行きますよね。
そうすると、たいていはそのつらい症状を止める薬を処方されます。

例えば、皮膚のかゆみがひどい場合は、かゆみを抑える薬が出されますが、その薬でかゆみが治まることがわかり、かゆみのたびに、その薬に頼るというサイクルがいつの間にか出来上がります。

そうなると、自分でもそのかゆみが出る原因を探ることもしません。
つねに薬に助けられていると、薬がなければ、自分ひとりでは問題解決はできないのです。
不快な症状は、体が嫌がらせでやっているのではなく、体のどこかの不調を必死で示しているのです。

これって、子育ての場合と一緒の感じがするなぁ〜と思ったのです。

子供が成長する過程を考えてみてください。
赤ちゃんはご飯を自分では食べられません。スプーンやフォークの使い方を覚え、ちゃんと口に運べるようになったら、一人でなんとか食べれるようになります。

一人で食べ始めの頃は、一度や二度は上手にできたりしますが、途中で食べることへの集中力が切れて、残りは、親が食べさせてあげないと全部は食べられません。
でも、それを毎日、毎日、繰り返し成長していく中で、だんだんと一人で食べることができるようになるのです。

それを子供を甘やかして、いつも親が全部食べさせることをやめずに、ずっとずっと手助けをしていたら、いつまでたっても子供は自分で自分のことをしようとは、しないものです。

できなくてもトライさせてみて、できたらほめてあげて、失敗したら今度はうまくできる方法を手助けしながら教えてあげるという、一手間一手間の繰り返しによって、子供は成長していきますよね。

子どもは親がやり方を教えてくれたり、助けてくれたり、困った時にヒントをくれたりすることで成長をします。そして自分でできた時の喜びはとても大きいので、
子供は楽しい気分になります。
それと同時に親も子供の成長がとても楽しみになっていきます。

病院のお薬にいつも頼ってしまうということは、自分の体を甘やかせていることと同じではないかと思うのです。
いつも自分の代わりに体のトラブルをなんとかしてくれているのが薬です。

本来、自分の体にできることが少しでもあったとしても、全部やってしまうのが、薬です。その結果、自分で何もしなくていい体の中の環境を作り出してしまうのです。
だから、病院の薬は、どうしても体を甘やかせすぎてしまう危険があります。そして根本的な問題の解決は一切しません。

なんでもやってしまう親のようです。そういった親は、子供の成長のチャンスを知らず知らずのうちに奪ってしまっています。

人間の体も自力でなんとかしないといけないという意識がないと、なかなか変わっていけません。子供の成長のように少しずつ、だんだんと自分で治す力をつけていけば、やがて病気の治癒につながっていきます。

漢方薬は、初めは困難なことでも、手助けしたり、体に教えたり、徐々に慣れさせたりということを体に対してしてくれるのです。そうなると、体はだんだんとできることが増えて、楽しくなり、体は元気になっていくのです。

具体的な例ですと、週に1回しかお通じがないようなひどい便秘が5日に1回となり、3、4日に1回となり、やがて1、2日に1回と便秘症がよくなってきたり。と、
体質に合わせた漢方薬はその方の特徴や不得意なところを見極めて、少しずつ手助けしてくれる親のような位置づけになってくれるのです。

病気を治すためには、何かに頼って代わりにやってもらうばかりでは何も前には進みません。いつまでも、同じ薬や治療の繰り返しで、つらい症状に悩み続けていませんか?

関連する記事