漢方専門まごころ漢方薬店

アトピーの治療方法ってステロイドだけ?

知人の女性の方なのですが、以前からよくお会いしていたのに、そんなにひどいアトピー性皮膚炎だということに全く気づきませんでした。

実はその方、子供の頃からアトピー性皮膚炎で症状がひどくなった時には、親にすぐに病院に連れて行ってもらい、皮膚科でステロイドのお薬をもらっていたそうです。

お仕事が急激に忙しくなり体調を崩したことによって、今までは比較的に症状が軽かった顔まで、アトピーの症状がひどく出てきたので、とあるご縁でうちにご相談に来られることになりました。

今まではアトピー性皮膚炎がひどくなったら、皮膚科に行って、その度にステロイドのお薬を塗って、症状が治ったらそのお薬をやめて、また症状が出てきたら塗っていました。というお話をお聞きしました。

ステロイドのお薬を使用していた期間はトータルにしたら10年以上にもになるとのことです。
今まで、私がお会いしてもアトピーだと気づかなったのは、ステロイドで症状が抑えられていたからだそうです。

気がつけば、「アトピー症状が出ては、ステロイドの薬を塗って抑える・・・」と、毎回毎回、同じサイクルの繰り返しだから、
今回は皮膚科の先生に「根本的に治したいのですが、他に方法はありませんか?」
という質問をしたそうです。

そうすると、皮膚科の先生に「症状が出たら、その度にステロイドのお薬を塗って抑えるしかないですね。」と言われたそうです。

また、近くの別の皮膚科に行って診てもらっても、やはり同じようにステロイドの塗り薬を出されたので、
「どこに行っても、同じことを言われるのでアトピーを治すのに、他に手があるなんて、今まで考えたこともない。」というお話をされていました。

たくさんの方が悩んでいるアトピー性皮膚炎という病気に対して、たった一つの治療方法しかないなんて、病院はバリエーションがなさすぎると思います。

ステロイドのお薬を使う以外に治す方法を探そうとはしないものなのでしょうか。保険適用の漢方薬だって存在するのに、いつまでも同じやり方しかやらないのは、あまりにも治療に進歩がなさすぎると思います。
(とは言っても、漢方薬での治療は東洋医学の専門知識が必要です。アトピー性皮膚炎の方に誰でも同じ漢方薬(病名漢方)を出して治るものではないですし、病名は同じでも一人一人に対して適切な漢方薬の選択と、また治療の段階に応じて漢方薬も変えていかないと治癒はなかなか難しい。)

昔に比べ、ステロイドのお薬は進化しているのか、薬を塗ることで症状が抑えられ、外から見ればほとんどアトピーの症状がわからなくなるようです。
でも、それはどこまでいっても一時的なもので、ステロイドのお薬をやめれば、やはり症状が出てくるのです。

ステロイドのお薬を数回塗って、一度お肌が元のようにキレイに戻って、それ以降何年も症状が出なかったなら、問題はないかと思いますが、何度も何度も同じようにステロイドのお薬に頼るような治療の継続は、やがてステロイドのお薬でもどうすることもできなくなってしまう時が来てしまいます。

アトピーは皮膚科の先生が言うような「アトピー性皮膚炎の根本的な治療法はない。」のでありません。

そんな風に言われて、ステロイドのお薬を塗り続けることが、唯一の治療だと思わないでほしいです。
もし、毎回、毎回、症状を抑えるだけの同じ治療に疑問や違和感を感じたら、それをそのままにしないで欲しいと思います。

少なくとも、漢方という東洋医学があることをお伝えしたいです。
ただし、漢方では病名や症状だけでマニュアル的にやっているところは、それはそれで注意したほうがいいです。

関連する記事