漢方専門まごころ漢方薬店

女性特有のお悩みにも漢方(PMS)

毎月、毎月、やってくる生理って憂鬱じゃないですか?

生理の前後1週間は、人によっていろんな症状が出るかと思います。

私の場合は、生理の始まる3・4日前に体がなんだかだるいな。と思ったら、そのうちに生理が始まり、1・2日目はものすごい腹痛に悩まされます。

会社で働き出してからが特に辛かったですね。
生理の日に仕事が休みだとなんとか回避できるのですが、仕事の日だと、鎮痛剤がないと動けないくらいです。また、ひどい時期は生理の前日に気分がものすごく落ち込み、普段ならどうってことないことでも悲しくて、つらくて涙が止まらないってこともしばしば。

精神的につらい時期は、振り返って考えてみると毎月、生理の前日に泣いてました!ひどい時は3ヶ月連続、大泣き!!「どれだけ泣くの?」って自分でもツッコミんでしまうくらいです。でも、実際に涙は止まらない。

そんな、私も漢方薬に出会ってからは、鎮痛剤を飲む事がなくなりました。
PMSも気づかないほどに。
いつのまにか、毎月、泣かなくなりました。

子供の頃に、母から「出来るだけ痛み止めのお薬は飲まないで、我慢できるんだったら、頑張りなさい。」と言われていたので、仕事以外の日は飲まずに我慢してきました。
母は、これから赤ちゃんを産むかもしれない私の体を気遣って出来るだけ、お薬は常用しない方がいいと教えてくれました。
子供ながら、辛くてもお薬に頼るのは良くないって思ってましたので、鎮痛剤を飲まなくていい生活は私の理想です。

毎月、頭痛や腹痛のために鎮痛剤を手放したいけど手放せない方は、このつらい生理期間だけ、私のように漢方薬で症状を緩和してはいかがでしょうか?

もちろん、むくみやだるさ、精神的に落ち込んだりする症状も漢方なら、依存してしまうという危険性もなく、体にも優しくしっかり対応できますので、ぜひ、ご相談いただけたらと思います。
毎月、この時期に彼氏とけんかしてしまって、うまくいかないなんていう方もこのPMSが良くなれば、きっと彼氏との関係も良くなっていくんじゃないかな?って思います。
これって、頭でわかっていてもどうしようもなく、自分では感情のコントロールができなくなってしまいますもんね。

こんなつらいPMSには、いつもよりゆったり過ごしてみられてはいかがでしょうか。また、それでもつらい症状には、女性の体に優しい漢方薬で体質改善ということも
選択肢の1つとされてはみてはいかがでしょうか。

関連する記事