漢方専門まごころ漢方薬店

基礎体温表で不安にならないで。

不妊治療において一番最初にする事と言えば、基礎体温表をつけることですよね。
もちろん、高温期・低温期と2層にキレイに分かれた基礎体温表になれれば一番いいのですが、そんな方はそんなにたくさんはいらっしゃらないでしょうし、まず基礎体温表がキレイだからって、身体の症状でなんの悩みもない。って方ばかりではないのです。

キレイに2層に分かれた基礎体温表でも、なかなか赤ちゃんができない方がいらっしゃるのも事実ですし、ガタガタの基礎体温表であっても妊娠することもあります。基礎体温が36度台を割っていても妊娠される方もいらっしゃいます。

とは言っても、「高温期の期間が短か過ぎるのではないか?」とか、
「先月より、体温が下がっている・・・」とか。
真剣に毎日、毎日、基礎体温表をつけているからこそ、気になって仕方がない時もあります。

私も基礎体温表を付けていて、なかなか妊娠出来ないので基礎体温を計るのが嫌になった時があります。そんなときは思い切ってつけるのをやめました。
もともと、私の基礎体温表はガタガタでした。

自分の体質に合った漢方薬を飲み出して基礎体温表はキレイに2層に分かれ、有頂天になっていました。
「こんなにちゃんと2層になっているのに、何で?」と。

基礎体温表を付けるのをやめると、なんだか気分が吹っ切れて、自分を追い詰めなくなるので、意外といい結果になるかも知れません。
思い詰めて自分を見失なってしまうと余計にゴールが遠のいてしまいます。
冷静に自分の基礎体温表を見れるようになれることが大切ではないかなと思います。(そうは言っても、なかなか難しいことですが・・・)

基礎体温表は、自分の体調の変化をわかりやすくしてくれるものであって、くれぐれもそれによって気分を上げ下げしないようにしてくださいね。

せっかく目標に向かって毎日つけているものに、逆に足を引っ張られていたら意味がないですから。
基礎体温表がすべてではなくて、あくまでも数ある健康情報の中の一つのバロメータという位置づけで。

基礎体温表がベストを示している時が、必ずしも妊娠できる時とイコールではありません。
そんな単純な式では生命の誕生は表せないのかも知れません。